自転車事故の事例

自転車の標識誰でも気軽に乗れる自転車は、通勤・通学の足として、また毎日の買い物で利用する方も多いでしょう。
気軽に乗れる分、事故に対する警戒心も少なく、危険な運転が死亡事故に繋がるといった考えをお持ちでない方もいます。
しかし自転車事故での死亡事故や高額賠償の事例も多くあります。
その事例をいくつかご紹介します。


近年の高額賠償事故事例

(一般社団法人日本損害保険協会「知っていますか?自転車の事故」より)

平成19年東京地方裁判所4月11日判決
男性が昼間、信号表示を無視して高速度で交差点に進入、青信号で横断歩道を横断中の女性(55歳)と衝突。女性は頭蓋内損傷等で11日後に死亡した。
判決容認額(※)
5,438万円
平成15年東京地方裁判所9月30日判決
男性が夕方、ペットボトルを片手に下り坂をスピードを落とさず走行し、交差点に進入、横断歩道を横断中の女性(38歳)と衝突。女性は脳挫傷等で3日後に死亡した。
判決容認額(※)
6,779万円
平成20年東京地方裁判所6月5日判決
男子高校生が昼間、自転車横断帯のかなり手前の歩道から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性会社員(24歳)と衝突。男性会社員に重大な障害(言語機能の喪失等)が残った。 判決容認額(※)
9,266万円
平成25年神戸地方裁判所7月4日判決
男子小学生(11歳)が夜間、帰宅途中に自転車で走行中、歩道と車道の区別のない道路において、歩行中の女性(62歳)と正面衝突。女性は頭蓋骨骨折等の傷害を負い、意識が戻らない状態となった。
判決容認額(※)
9,521万円
(※)判決容認額とは、上記裁判における判決文で加害者が支払いを命じられた金額です。(金額は概算額)。
上記裁判後の上訴等により、加害者が実際に支払う金額とは異なる可能性があります。(日本損害協会調べ)

もちろん、裁判で判決が下されるのは賠償額だけではありません。 事故のケースによっては重過失致死傷罪(5年以下の懲役もしくは禁固または100万円以下の罰金)、過失傷害罪などの刑事責任を問われる事もあります。 そして、小学生中学生だからと言って、責任を免れることはできません。 まずはきちんと交通ルールを守って、油断せず安全に運転する習慣を身に着けるということが第一でしょう。

自転車保険の比較