もし交通事故を起こしたら

もし自転車に乗っている時に、交通事故を起こしてしまったらまず落着いて、そして冷静に対処する事が大切です。
どんな小さな事故でも次の事を行ってください。

自分が被害者になってしまった場合

自転車を停止させ、車が来ない安全な場所へ移動します。

どんなに小さな事故でも必ず110番をし、警察官に来てもらって調書を書いてもらいます。

相手の連絡先を充分に確認します。
・名刺などを頂き、相手の名前、住所、連絡先、勤務先、車のナンバーを控える
・身分証を提示してもらい、免許証番号や保険番号を控えておく

119番に連絡して、医師の診察を受けます。

「自動車安全運転センター」に連絡し「交通事故証明書」を発行して貰います。

保険会社へ連絡をします。

自分が加害者になってしまった場合

安全を確保し、相手のけがの状況を確かめます。
負傷している場合は何よりも先に119番に連絡し、救急隊員の到着を待つ
頭を強く打っていたり、脳震とうを起こしている場合は動かさず、救急隊員の指示を仰ぎ、従う

どんなに小さな事故でも必ず110番をし、警察官に来てもらって調書を書いてもらいます。

相手の連絡先を充分に確認します。
・名刺などを頂き、名前、住所、連絡先、勤務先などを控える
・自分の連絡先や身分を必ず伝える

「自動車安全運転センター」に連絡し「交通事故証明書」を発行して貰います。

保険会社へ連絡をします。

相手の方へお見舞い、お詫びなどを誠意を持って行ってください。

歩道走行可の歩道でも、歩道上の事故は原則、歩行者に過失はないとされています。
自分が加害者になってしまった場合は、速やかに謝罪し、誠意を持った対応を行う事が円満な解決に繋がります。

自転車保険の比較